誰でも借りれるキャッシング

審査の注意点

不動産投資

不動産の資産価値を正確に見極め、将来の稼ぎを担保としてより価値の高い不動産を購入して、その利ザヤを稼ぐことは可能です。ただ、それにはよほど研究して知識を深めることが重要で、購入するのはその後のほう得策です。

キャッシング

不動産投資で失敗し、借金を背負うことになった人は少なくないからです。簡単に不動産で利ザヤを稼ぐのは困難です。また、このような仕組みは日本に限ったことではなく、例えば米国など他の国でも同様です。

景気というものは、いかに国民に住宅を購入させ、いかに借金を背負わせるかというところで決まるといっても過言ではありません。つまり、住宅はある意味、国としても産業としても、一つの集金システムの役割を果たしているのです。

住宅ローン

したがって、景気が悪くなってくると、各国政府は日本でも導入されているような住宅減税制度を取り、目の前の税金を少し安くしてあげるから住宅ローンをできるだけ組ませようとしてきます。

そして、こうしたシステムが過度に進んで住宅バブルの状態になると、2007年8月のサブプライムローン問題(アメリカの住宅ローン市場において、住宅値上がりバブルの終了と同時に信用性の低い人たちへの貸し出しが焦げ付き始め、倒産するローン提供機関などが出たことによって全世界で信用不安が広まったこと)のようなことが起こるのです。