誰でも借りれるキャッシング

審査の注意点

国富ファンド

昨今の欧米金融機関の救済劇で表舞台に飛び出した国富ファンドは、今後世界の金の流れを変える可能性を秘めています。

サブプライム騒動が収まれば、欧米の金融機関は新たなビジネスを求めて、世界の余剰資金を中東地域へと流し込むビジネスを強化してきます。

キャッシング

アメリカの住宅バブル崩壊に端を発した金融危機によって、景気の低迷がはっきりしてきた先進国経済は資金需要が低下しました。また、BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)には過去数年で巨額の投資資金が既に投入されています。

しかし、イスラム地域への投資は、欧米の金融機関にとって、手つかずに近い状態です。地政学的な不安定さや宗教的な違いから生じる不安などから、アジアの新興国地域と比較して、海外からの開発投資の資金があまり流入してきませんでした。

資金需要

たしかに、政情は不安定ですが、世界中でこれほどお金を必要としている地域はないのです。イスラム地域では、破壊されたインフラの復興需要のために莫大な資金を必要としています。

レバノン、パレスティナ、イラク、アフガニスタンなど資金需要のある地域が多数あります。経済発展は、基本的には民生の安定へ帰結します。生活が安定して豊かになれば、結果的に暴力行為は減少するでしょう。

今後は、イスラム金融の発展を伴いながら、大幅な資金の流入が予想されます。