誰でも借りれるキャッシング

審査の注意点

金融業界の現状

消費者金融と聞くとイメージがあまりよくない人もいますが、現在では銀行よりも融資に積極的な金融機関という位置づけになっています。以前は多重債務で破産する人が続出し、社会問題の一つとなりました。現在では貸金業法が改正され、上限金利もしっかり設定されています。

グレーゾーン金利のようなあやふやな解釈のできる仕組みが撤廃されていますので、一昔前と比較するとだいぶクリーンな業界となりました。消費者金融でキャッシングやローンを組む場合、必ず登場するのが「総量規制」です。これは多重債務に陥る人を減らす目的から、年収の3分の1以上の貸出を禁止したものです。

総量規制と消費者金融

総量規制の対象となっているのは、消費者金融の他に信販系の会社です。銀行は銀行法によって運営されていますので、キャッシングやローンを組んでいても、総量規制の対象としては計算しません。クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象ですので、利用している場合は他社でローンを組む場合に規制対象として計算にいれなくてはなりません。

キャッシング

現在、消費者金融の多くは銀行の傘下に入っています。これは過払い金問題を発端とした経営危機によって、業界が再編されたためです。銀行のグループとなったこともイメージの払拭に寄与しました。銀行側にとっても消費者金融の顧客や、無担保ローンの審査に関するノウハウを取得できることは、とてもメリットの大きいものとなりました。上限金利は今後法律によって再び改正される可能性もあります。