消費者金融

審査の注意点

審査に通らない理由

消費者金融や金融会社でお金を借りるためには、各金融業者の審査基準をクリアする必要があります。審査基準をクリア出来ないと、審査で落とされることになります。つまり、審査で落とされる方は必ず何らかの理由があるということです。何の理由もなくして審査には落とされません。

なぜならば消費者金融という業種は消費者にお金を貸してこそ営業利益を得られるのであって、お金を貸さずに金庫にしまっていては一切利益を生み出さないからです。したがってお金を貸したくて貸したくて仕方がない金融会社が意に反してお金を貸さないのだから、金融会社には相当な理由が存在するということです。

審査で落とされる最大の理由は多重債務です。通常借り入れ件数が4件以上になれば、多重債務者と見なされてしまいます。多重債務者は自己破産に陥る確率が高くなるため、お金を貸す側にとってみれば貸し倒れのリスクが高くなるのです。

特に低金利で貸している大手消費者金融などは、多重債務者への審査は非常に厳しくなっており、借入件数が3件以上あればほぼ審査で落とされてしまうでしょう。逆に借入金額もなくて一定の収入のあるサラリーマンなら、間違いなく審査には通ります。そういった方は迷わず低金利の大手キャッシング会社を選ぶべきです。少しでも金利が低いほうが、後々支払う金額にも影響してきます。

もしも審査で落とされた場合は、落とされた理由を考えてみましょう。多重債務者であれば、もう少し審査の甘い消費者金融を選ぶべきです。大手がダメなら、中小や小規模の金融会社があります。ただし、貸金業登録をしていないヤミ金融などは除外しましょう。こういった非合法な金融会社で借りると大変なことになります。

また、定職に就いていなければどんなに審査が甘く金融業者といえども、100%審査には通りません。まずは派遣業者にでも登録をして、在籍確認が取れる体制を整えることが先決です。そうすれば、審査に通る確率は格段にアップしますよ。

審査で重要な項目

消費者金融や信販会社の審査で重要な項目は、現在の借金総額と過去の借金履歴、そして現在の収入の三点があげられます。この三点をクリアすれば、間違いなく審査に通ります。現在の借金総額と過去の借金履歴については、信用情報機関のデータで調査をされます。

もしも現在の借金総額が年収の三分の一以上あるようならば、総量規制の対象となりますので審査で落とされてしまいます。また、過去五年以内の間に債務整理をしていれば、これも審査には通らないでしょう。こういった事故歴のある人間は金融業者からは危険人物とみなされますので、大手や中小の消費者金融では借りれないでしょう。

年収

年収については、多ければ多いほど信用度も高くなりますので審査には有利になります。申込書には自己申告となりますので、少々大目に記載しても問題はありません。手取り額ではなく、総支給額を記載しましょう。但し、あまりには現実の額と乖離していれば怪しまれるので注意が必要です。

在籍確認

勤務先には本当に在籍しているかの在籍確認が実行されます。もしも虚偽の勤務先を記載していれば、その場で即、審査に落とされてしまいます。また、虚偽の情報を記載していた旨が信用情報機関のデータに上書きされてしまいますので、今後の審査にも影響が出てきます。

他にも審査項目がありますが、先ずはこの三点をクリアすることを考えましょう。