誰でも借りれるキャッシング

審査の注意点

与信審査とは

与信審査とは、お金を借りる際に金融会社が融資をするか否かの判断をすることです。まず顧客に融資希望額、資金使途を質問し、本人であることを証明する物(運転免許証、保険証)を確認し、顧客の借入状況を信用情報機関に問合わせて調査します。

キャッシング

申込書には、氏名、住所、電話番号、勤務先の所在地と電話番号、家族構成、年収などを記入します。勤務先へは在籍確認をすることになります。ここで嘘の勤務先を記載していると、即審査に落とされることになります。

無担保無保証で融資する消費差金融では、借りる人の信用が担保となりますので、来店時の表情や言動、申込書の内容に虚偽がないかどうかが重要な判断基準となります。

これを対面与信と呼称し、審査の第一歩となります。

一連の審査の流れ

申込書に記載された仕事先への在籍確認、信用情報機関への他社借入状況の調査が完了すればほぼ審査の大半が終了したことになります。ここで多重債務に陥っている場合は融資を断られることもありますし、返済計画などの相談に応じることもあります。

もしも審査に通ることになれば、各消費者金融の審査基準の与信限度額に従って限度額が算出されます。算出された融資限度額を提案し、この範囲内であれば再度の契約書作成は不要になります。

契約書の作成⇒署名⇒ATMカードの発行と手続きが進行し、ここまでの一連の作業は約30分程度で終了します。仕事については公務員や大企業に勤務している人は信用度も高くなりますが、融資額が多いとか審査が甘いといったことはありません。

但し、無職専業主婦の方は難しいようです。銀行などの場合は、借りる人の信用よりも、むしろ保証人や不動産などの担保のほうを優先しているのに対し、消費者金融の場合は、保証人や担保よりも、申込者個人の返済能力や返済意思を重要視するからです。